センス(感性)の磨き方(建築物)

「建築物を見に行く」で御座います。

私が、見ていて、心に残った建築物は、
ヨーロッパの建築物の「ゴシック」と「バロック」で御座います。
ゴシックでは、「トランセプトのバラ窓」と、「建築物の外観」が
心に突き刺さりました。
そしてバロックに関しましては「室内のシャンデリアや天井の絵」
が心に突き刺さりました。

そして、更に自分自身で書籍を買い求め、一つの凄い建築物を見つけました。
それは、南米にある「ウルトラバロック」で御座います。
この建築物の内部の装飾は、「圧巻」で、
見た瞬間に、電気が「ビビビッ」と走りました。

しかし、海外に行くには、費用が結構かかりますので
ヨーロッパの建築物に関しましては、
書籍をご購入して頂きまして、ご覧頂くのも、
良いかもしれません。

又、日本国内にも丹下健三さん等、が設計した建築物が御座いますので
そちらも合わせてご覧頂ければと思います。

その他、バックミンスターフラーさんの建造物も面白いと思います。


この記事へのコメント