センス(感性)の磨き方(コラージュ)

ファッションセンスを磨く方法の一つに、
「コラージュ」と言うものが御座います。

これは、自分自身で表現したい、ファッションテーマを決めて、
そのイメージに合う様な写真(アパレルや雑貨等)を切り抜いていき、
全体の構成を考えながら、1枚の大きな用紙に、ペタペタと写真を貼り付けていき、
1枚の絵を作成する作業で御座います。

この作業は、ファッションバイヤーを目指す過程でも、活躍すると思います。
自分のお店のテーマを決め、自分のお店にいらっしゃる、お客様をイメージして、
お店の中に並べる商品を、写真では御座いますが、選定して、並べてみる。
この行為と非常に似ている部分が御座います。

上記で使用するファッション雑誌は、ブックオフやアマゾンの中古雑誌を購入して
頂くだけで十分で御座います。
この時、幅広い雑誌を選択して頂くと、様々なジャンルのコーディネートを見る事ができ、
自分自身のファッションの幅も広がります。
更に、その雑誌のターゲット層も考えて頂く事で、自分自身の中に、
コーディネート(商品選定)の引き出しもできるかと思います。
どんなファッション雑誌を買ったら良いかわからない方は、
グーグルで「メンズ ファッション雑誌」とご入力頂ければ、
ファッション雑誌の情報を纏めた、ページが出てきますので、
その説明をお読み頂き、ご興味の持てる雑誌を購入してみて下さい。

そしてもう一点、コラージュでみえてくる事が御座います。
それは、ご自身の好みで御座います。

自分の感性に突き刺さる写真をランダムに選び出し、
スクラップブックに貼っていく作業で御座います。

この時、似た雰囲気(テイスト)のアイテムをグループ化(近くにまとめる)して下さい。
そして、グループ化ができましたら、その後、ご自身の中で
ランキングをつけて下さい。
ランキングの高いアイテムから、ページの先頭に貼り付けて頂きますと、
言語化が難しい、ご自身のセンスを、視覚データとして表現できるのです。
(この時注意して頂きたいのは、ご自身で選ばれたファッション
雑誌のコーディネートは、まだまだ狭い世界の中でしか、
視覚化できていないと言う事です。
ピンタレスト等のファッショニスタが集まる、
インターネット上の情報からも、ご自身の気になるコーディネートを集めてみて下さい)
そして、もう一点、切り抜かなかったコーディネートを、時間が経過した後
もう一度見て頂くと、「あれ、このコーディネートも良いかもしれない」と言った
新たな気づきが芽生える事も御座います。

選ばなかった写真を、何故選ばなかったのか、言語化し、
そしてこういう風なデザインにすれば、もっと良くなると、表現できる方は、
ファッションデザイナーや、マーチャンダイザーの素質があるのではないかと思います。

以上です。


この記事へのコメント