センス(感性)の磨き方(写真撮影)

あなたのセンスを磨く方法、それは「写真を撮る事です」。
私も、インターネット通販で数千点のアイテムを販売して参りました。
その過程で、写真はおのずと必要になります。
そして一旦通販を休んで、新しい事業の仕込みの為に
自分自身のワードローブにある洋服、全てを引っ張りだして
久しぶりに写真撮影をしました。
そうすると、シャッターを押す前の景色で、
美しいと思える構図が自分の中に芽生えている事に気が付いたのです。
ほんの少し、バランスが崩れていると「何か嫌だな」と言う感覚が、
私の中にあるのです(それでもまだ、見落としている部分はありますが)。

写真を撮りたくなる時はどんな時か、
その一つに、旅行が御座います。
旅行しながら、様々な景色に出会い、構図を考えながら
自分の心が動く瞬間を切り取っていって下さい。
そして、撮影した写真の良い部分、悪い部分を自分なりに
じっくりと観察して、考えてみて下さい。
そうすると、自分で納得のいく写真と、駄目な写真が見えてくるのです。
私も、ワードローブの写真を眺めて、良い写真と悪い写真を選別しました。
その時に、これは自分自身のセンスを磨く方法になると感じ
この様な形で、ご紹介させて頂いているのです。

そして、facebook等に写真を、アップロードして、友人達の反応を見てみて下さい。
いいねが集まる写真をじっくりと観察してみましょう。
人の心を動かすのは、どういった絵なのか、それを考えながら
写真を撮り続けていけば、自分なりの、
美的感性が研ぎ澄まされていくはずで御座います。

この写真撮影と言う、誰もが経験している当たり前の事を
小学生等の小さな内から、学校教育に組み込み、
センスを磨く事ができるのではないかと、考えております。

現時点で、人のニーズの部分の商品開発は、大分飽和化してきているのではないかと
考えており、これからはデザイン性の高い、個性的なアイテムに
ウォンツが集中してくるはずです。
ですので、若い内から美的感性を磨く事で、
将来の日本のパワーの棚上げになるのではないかと、
考えているのです。

又、年々、インターネットでお買物をする機会が増えております。
将来はもっと手軽に、インターネットでお買物ができる日がやってくるかもしれません。
そしてインターネット通販に、商品撮影は必須で御座います。
ですので、写真のスキルを高めていく事は、
将来物販に近い仕事をする時に、自分の身を助けてくれる可能性も、あるのではないかと
考えております。

その他、ブログを書くときに、写真がある方が見ていて
心地良いと思います。
独自の視点で取材して、その事を、ブログの記事にアップロードして
広告収入を得る事もできるかもしれません。

「芸は身を助ける」と言うことわざがある通り、
何がきっかけで、その人の人生が切り開けていけるかは、誰にも分かりません。
そして何よりも、人の記憶は徐々に薄れていきますので、
記憶を呼び覚ます写真を残して、思い出づくりにもなります。
人に感動を与える一枚の絵を切り取れるかもしれません。

そして写真は、楽しいです。
この美的感性は、自分自身の一生の財産になると思います。

以上です。


この記事へのコメント