究極のファッションへの投資方法・ファッションの奥義・ファッションの真髄

ここまできて、はじめて、ファッションに投資する準備が整いました!

ファッションには、あなたの価値を高める力が御座います。

まずファッションを購入するのは、実店舗かEC(ネット)か
と言う問題が浮かびますが、
やはりファッションの肝の一つに、
サイズ感とシルエットが御座いますが、
こちらは、ネット上でもバーチャル試着とか出ておりますが、
現時点の技術的レベルでは(ZOZO SUIT等も返品が多く出たと新聞記事にも御座いました)、
実店舗で実際に試着を沢山して、コーディネートのアドバイスをして頂く事の方が
理に適っていると思います。
もう一つの問題点は、色の問題。
こちらも現時点のデジカメの技術では、
全てのファッションアイテムの色を実際の色と同じにする事は
難しと思います。
(ECサイトの中には、実際の色に近付ける為、
外光に当てて(外で)撮影し、返品もほとんど起こらない
サイトも存在しているみたいですが。。。)
この点をふまえまして、
現時点では、ファッションの答えはリアルで試着して購入する!!!
これに限ると思います。
ECを利用する場合は、返品・交換が自由のサイトを
利用するべきだと思います(自宅で、所持している他のファッション
アイテムとの組み合わせをじっくりと考えられるメリットも御座います)。

ファッションの答えの一つ、
「ジャストサイズ(ぴちぴちではない。
ファッションコーディネートのスナップ等を沢山見ていくと、
ジャストサイズってこんな感じと言う感覚がわかってきます)が、
あなたのコーディネートを良く見せる、キーワード」
そして、既製服で、自分の体にぴったりと合う服を探すのは、困難。
最小で最大の効果を生む、ファッションコーディネートへの投資方法、
それは、メンズファッションと言えばスーツ。スーツと言えば、
1位オーダーメード→
2位イージーオーダー→
3位パターンオーダー→
4位既製服でお直し(デパートや・スーツカンパニー・スーツセレクト・オリヒカ・AOKI・青山等)
(既成服のスーツでおすすめなのが、銀座松屋の丸縫いスーツです。ネットで調べてみて下さい。)
の順序で洋服を購入するのが理想なのではないでしょうか。
補足:
「見た目の良さを優先するなら、私はすべての方には、オーダーの服はおすすめしません。
作り手のセンスにかなり左右される、という事もありますが、
洋服をきれいに着こなしている人には2タイプあるからです。
ひとつは「服が体になじむと素敵な人」、もう一方「服で補整して素敵な人」、
つまり、体型的に全身のバランスが洋服向きに良い人なのか、
そうではないのかという違いです。」
出典:「似合う」の法則
著者名:政近 準子
出版社:ホーム社 (2012/3/26)
発売日:2012/3/26
該当ページ:P115~P116
つまり、オーダーが合う人と、既製服を補整して、素敵に見える人が居ると言う事です!

そしてシャツもオーダー。

そして次に靴です。

「紳士靴を嗜む」を読み、足の形に合わない靴を履くことにより、
疾病を引き起こす可能性がある事を勉強しました(足にもダメージが生まれる)。
それをふまえまして、
靴は、高い靴が良い靴ではなくて、自分に合った靴が良い靴!
最高の靴を手に入れるには、メーカーにオーダーメードしてもらう。
資金に余裕が無ければ、「シューフィッター」の居るお店でオーダーメード。
これが、一番間違い無いと私は考えている!
それでは更に、資金に余裕が無い方
どういった靴選びをするのが、良いのか。
それは、「紳士靴を嗜む」と言う書籍をお読み下さい!
こちらの書籍の中に、「靴選びの肝」が記載されております。既製品から、ご自身に合う一足
を探し出す事ができます!
出典:紳士靴を嗜む
著者名:飯野 高広
出版社:朝日新聞出版 (2010/6/18)
発売日:2010/6/18
該当ページ:P40~50・P61~65

つまりファッションの一つの答えは「オーダーメード」で御座います。

私服に関してもそうです。
まずは、カッコイイデザインのアイテムを発見する。
そして、メーカーに「このデザインでオーダーして下さい」
と依頼する。

これが答えで御座います。(そのかわり、値段はベラボウに高くなる可能性が御座います。)

そして、以下の雑誌でも紹介されておりますが、

5.月刊事業構想 (2017年6月号『シェアリング、パーソナライズ、FashionTech ファッションの新事業』
著者名:事業構想大学院大学 出版部
『書名』:月刊事業構想 (2017年6月号『シェアリング、パーソナライズ、FashionTech ファッションの新事業』
出版社:株式会社日本ビジネス出版; 月刊版 (2017/5/1)
出版年:2017/5/1
該当ページ:P25~27

FABRIC TOKYO(日本の縫製工場と提携していて、紳士服のオーダーができるショップ)が

快進撃を続けている様です!

今後バイヤーとして生き残っていくのは

非常に困難かもしれません!

ですから、ファッションのコーディネーター(パーソナルスタイリスト)として、

先に集客をしてから、全てのお店を仕入場として考えて

ファッションコーディネートを提案していく形や、

ファッションバイヤーのオーナーとして、

商品企画力を高め

別注企画で、他と差別化を図った、

ファッションアイテムの提案をしていかなければ

いけないでしょう!

そしてもう一つ重要な視点は、ファッションアイテムを見て
ドレスとカジュアルの割合を考える必要が御座います。
ファッションのスタイリストさんやパーソナルスタイリストさんや
ファッション販売員さんを頼るメリットの一つがこれです。
このファッションアイテムのドレスとカジュアルの割合を見極めるのは
非常に難しく、ファッションを学び、長年ファッションアイテムを見ていき、
センスを磨かないと、見極めるのが難しいと思います。
(こちらは「大人のための私服の教科書ー久保田卓也著」
(こちらの本には定番ファッションアイテムのドレスとカジュアルの指標の図が掲載されております)と
「最速でおしゃれに見せる方法」ーバイヤーMB著を参考にして下さい。)

そして、これは余談ですが、私が沢山スナップを拝見しまして、気がついた事が御座います。
それは、シワ・埃が無いファッションコーディネートで御座います。
人は、動きますんで、シワができますが、なるべくシワのできない、
状態を意識する事が、ファッションの美しさを高める、良い方法で御座います。
-----------------------------------------------------------------------------------
メンズの私服コーデで私がカッコイイと思うのは、私が紹介致しました、
書籍の最強の服選びの中でも紹介されておりますが

「ジャケパン」で御座います。

例えばロイヤルブルーのジャケットに、純白のデニム、水色と白のクレリックシャツ、明るいブラウンのバッグ・茶の靴・明るいブラウンのベルト、
緑色のコート、ブートニエールに白い桜のパール、純白のポケチを挿す、ネクタイに青系の柄アイテム、
純白のハット。

こんな感じでコーディネートすれば、合コンや婚活で大活躍できると思います。

又、ジャケパンも頭を使うともっとカジュアル寄りのアイテムでコーディネートできます。

例えば、薄いブルーデニムに薄いブルーのウエスタンやダンガリーシャツ、そしてジャケットに紺ブレザー。みたいな感じで、
色々と応用が利きます!

その他違った色を使ったジャケパンスタイルをご自身であみだして下さい!!!楽しいですよ!!!

補足:
様々なファッション書籍を読み漁りましたが、
多くのメンズの方のは、ファッションを利用して
そこまで変身したい願望は無いみたいです(コスプレ気味のコーデ等)。
そして、ファッションは中にはアート的価値があり
服飾博物館に入る、一級品のアイテムはあります。
そして、手の込んだ物の多くは、
繊細で、傷つきやすいものも多くあります。
デザイナーもののアイテムは、基本贅沢品であります。
又ファッションは、毎日着るものですから、
基本は消耗品です。
ですから、ファストファッション
(特にユニクロは安価品のマーケットで
郡を抜いて良いできです。(リサイクルショップを巡って沢山アイテムをみていき
素材の感覚が、おっこれは良いなと感じてタグを見るとユニクロのアイテムが
ヒットする事が多かったです!))
でサイズ感やシルエットを意識して、アイテムを購入し、
使用して、シミやキズやシワや型崩れが起こったら、
直ぐに交換して、清潔感のある状態を保って
ファッションアイテムをメンテナンスする。
ファッションにお金をかけたく無い方は、この戦略でいけば良いと思います。
しかし、デザインの力を借りたファッションは、
着用した人しかわからない、人の心をつかむ力が御座います。
私は、ファッションの注目度が高い箇所には、
デザイナーものを取り入れて、
他の部分には、ファストファッションアイテムを利用して
コーディネートします。
そして、デザイナーものを着用した時の
他の人からの反応を楽しんでおります
(ファッションの隠れた楽しみの一つですので
是非皆様もデザイナー様の力を借りたアイテムを
コーディネートに取り入れて下さい。)。

ちなみに女性がファッションに
注目している箇所の順位が以下の書籍に公開されております。
smart特別編集 THE MEN'S FASHION RULE BOOK ~定番服をおしゃれに着こなす方法がわかる本 (e-MOOK)
著者名:
共同発行人 関川誠・熊谷みのり
編集長 太田智之
編集 二俣愛子
出版社:宝島社 (2012/12/17)
発行年月:2012/12/17
該当ページ:P2

1位.アウター
2位.トップス
3位.靴
4位.小物(顔周り)
5位.ボトム
6位.バッグ

です。
私の見解としましては、バッグが4位の様な気がしますが。。。

その他、メンズファッションコーデでオシャレに見えるコツは
「TPOに合っていて、コーディネートにメリハリをつける!!!」
みたいです!!!
こちらは女性からの声です!!!
以下の著書をお読み下さい!!!
出典
男の休日着こなしの方程式
著者名:森岡 弘
出版社:講談社 (2012/5/18)
発売日:2012/5/18
該当ページ:P108

以上の声を基にして、僕が考えるオシャレに見える方法は、
キレカジ・アメカジ・ウエスタン・インディアン・モードといった具合に
1週間の内・1カ月の内・1年の内に、色々な世界感を演出する事だと思います。

あとは若い女性に人気がある私服の順位が
以下の書籍に記載が御座います。
出典男のファッション基本講座
著者名:成美堂出版編集部
出版社:成美堂出版 (2007/2/5)
発売日:2007/2/5
該当ページ:P73

以下抜粋です!!!

1位.きれいめカジュアル
2位.Tシャツ+ジーンズ
3位.遊び心のあるスタイル
(ビビットな色使い・大胆な柄物・メガネ等の小物)

以上です。


この記事へのコメント